建物やマンションを持っている人は不動産担保ローンがおすすめ!

不動産を持っている人は、不動産を担保としたローンを組むのがおすすめです。 - 不動産担保ローンでは金利をよく考えよう

アーカイブ

不動産担保ローンでは金利をよく考えよう

不動産を使えば、高額の融資が受けられます。その使い方も自由にで決まり、期間長くできるとして、大いに不動産を担保にすることはメリットがあります。
その一方で高額を借りれる反面、返す金額が気になってきます。それも金利があるからです。

金利は借りる金額で決まる

不動産担保ローンを組むときには、その金額によって、金利の上限が決まってきます。その金利の上限を知っておくと、どれだけ払うことになるのかも目安もつきやすいでしょう。
大きな金額になりやすい不動産担保ローンだと15%までが年間となりやすいでしょう。結構な金額となってしまいます。

さらに時には事務手数料が加算されてしまうとこの上限を超すことになるので、要注意です。金利の上限も確認しながら銀行や消費者金融を選ぶようにしましょう。

どの金利にするかで迷う

不動産担保ローンは長年かけて返済となるので、1回あたりのお金を下げるの効果的とも言われています。その際にも金利が関わってきます。
それは変動と固定の金利があるからです。変動の場合には金利もその都度変わってくるので、万が一将来の不安が強い場合には向いていないかもしれません。時には去年よりもずっと高くなったりすることもあるからです。

それにたいして固定だと、常に一定なので返済額も一定で計画しやすいです。しかし、時期的に低金利となったときに、その恩恵を受けられません。とはいえ、計画的に不安を軽減したいときにはこちらが向いているかもしれません。

シュミレーションもしてもらえる

なお、途中でこれらを変更できる場合もありますが、初めてからしばらくは選択した金利となるので、銀行や消費者金融とよく相談した方がいいでしょう。

こうした金利や返済計画についてはシュミレーションしてもらえるので、それを元に検討をしていくといいでしょう。
無理しない計画をすることが金利を活かすこととなるのです。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫