建物やマンションを持っている人は不動産担保ローンがおすすめ!

不動産を持っている人は、不動産を担保としたローンを組むのがおすすめです。 - 不動産担保ローンでは準備もいろいろある

アーカイブ

不動産担保ローンでは準備もいろいろある

不動産を担保にしてローンを組むことも、不動産の有効な活用方法です。時には会社の事業のためだったり、個人の生活のためなどその目的もさまざまです。目的を自由に使えたりするので、それだけ活用しやすいといえます。

そんな不動産担保ローンもきちんと組むためには、事前の準備も必要なのです。それも押さえておきましょう。

まずは書類の準備

不動産担保ローンをするためには、いろいろな書類が必要となります。きちんとした不動産であることを証明しなければ実は通らないからです。手続きのためとはいえ、時には審査結果に、また金額に影響してきます。
相談したときに、あらかじめ何が必要か確認しておきましょう。
たとえば、不動産登記簿謄本、公図、地積測量図、建物図面、固定資産税評価証明書、不動産売買契約書、贈与契約書、遺産分割協議書などがあります。
必ず必要というのや必要に応じてというものもあったり、繋ぎ融資などのときだけというものもあるので、早めに確認しておきましょう。

不動産の準備もしておく

たとえば不動産でも、さら地ならば草むしりをしておく、家ならば清掃してキレイにしておく、故障しているところを直しておくなどの準備が必要なのです。やはり査定で少しでもいい評価をしてもらうためには、こうした準備もしておきましょう。

あと、個人に関するものも

あと、個人に関して給与明細書や年末の源泉徴収票、所得証明書、住民票、身分証明書なども準備もしておきましょう。また支払いで、税金の未納やスマホ代、また他のローンも、きちんと支払いをしてその時点で未納がないようにしておきましょう。

ここにあげたものを早めに準備しておけば、審査もスムーズに進められて、それだけお金も手元に早く入るかもしれません。

関連する記事

次の記事: を読む ≫