建物やマンションを持っている人は不動産担保ローンがおすすめ!

不動産を持っている人は、不動産を担保としたローンを組むのがおすすめです。 - 不動産担保ローンは思い通りにならないこともある

アーカイブ

不動産担保ローンは思い通りにならないこともある

土地や建物を持っていると、やはり生活の上では得することが多いです。時には賃貸をすることで安定した収入に繋がったり、子どもへの遺産にもなったりするのです。
持っていて有効に活用していれば、得することが多いはずです。
そんな不動産ですが、不動産担保ローンになると思い通りにいかないことも出てくるのです。

不動産担保ローンを組むとどうなるのか

不動産を担保にして、銀行や消費者金融からお金を借りることができます。その金額も何千万や何億にもなることもあります。
時には会社が運営資金を作るためや、存続のために不動産を担保に入れて、その結果会社がもちなおしたなんてこともありえます。
また、個人でも不動産を担保にすることでメリットも受けれたりもできるのです。

しかし、不動産を担保に一度でもしてしまうと、それ以降ではその不動産を思い通りにすることはできなくなります。たとえば、他の人が買いたいといっても売れなくなってしまいます。

というのも抵当権がかかってしまうからです。この抵当権は、借りたお金が返せないときに不動産を売却し、そのお金を抵当権を持っている金融機関や消費者金融が受けとるための権利です。抵当権第一位など順位がつくこともあるそうです。

こうなると自分のものとはいえ、思い通りにすることはできなくなるのです。

不動産の価値が思っていたのと違うことも

不動産である土地や建物を高価な金額で買ったとしても、それが売るときや不動産担保ローンを組むときに、そのときの値段のままと言うことは必ずしもではありません。

その不動産の価値は、その都度変わってくるもので、やはり年数や状態がよくないと、かなり叩かれるなんてことになってしまうのです。
特に最近では審査も厳しいとの声も聞かれるので、覚悟しておいた方がいいでしょう。

不動産担保ローンを組む前には

少しでも借り入れを増やしたいのであれば、やはり複数の銀行や消費者金融に審査を頼んだ方が良さそうです。思い通りにならないことも覚悟しておきましょう。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む