建物やマンションを持っている人は不動産担保ローンがおすすめ!

不動産を持っている人は、不動産を担保としたローンを組むのがおすすめです。 - 建物やマンションを持っている人は不動産担保ローンがおすすめ!

アーカイブ

建物やマンションを持っている人は不動産担保ローンがおすすめ!

不動産

不動産を担保にすることができます。これが不動産担保ローンです。ネットでもいろいろな情報が出ており、銀行や消費者金融などへ行く前からも、たくさんの情報を知ることができます。また比較サイトでどこにするかも選びやすくなってきています。

ここでも、不動産担保ローンについて知っていきましょう。

そのメリットを知っておこう

不動産担保ローンを理解するにはやっぱりメリットから知っておくといいでしょう。
まず、金額を高額に借りることができます。銀行カードローンと比べても高くなりやすく何千万円、何億円ともなることもあります。大手の企業も利用して、その資金調達に使うくらいです。
それでいて、金利が実は抑えることができるとして、重宝がられています。金利も15%までが上限とされています。しかし、銀行や消費者金融を比較すれば10%未満もあるので、よく比較して選ぶといいでしょう。

そして、あたりまえのように思われていますが、建物やマンションを使っての不動産担保ローンだと、そのお金は自由に使えます。しかし、他のローンだと使い道が決まっていて、それ以外に使えません。自由に使えるのも大きなメリットです。

なお、借りれる金額が大きいのと関係しますが、通常のローンは年収の3分の1までと決まっています。それを越えられるのもメリットです。そして、その返済の期間も長くできるのもメリットです。
というのも返せない場合には、マンションや建物や土地を代わりに銀行や消費者金融が取れるので、余裕を持たせているのです。

その一方でデメリットもある

こうしたメリットの一方で、デメリットもあります。たとえば、やはりローン返済ができなければ不動産を失うこととなります。
また、返済期間の途中でもしも、不動産の価値が安くなってしまうと、さらに追加の不動産を求められてしまうことがあります。
あと、初期費用として鑑定費用や収入印紙代などがかかってしまうこともあります。

この他にも、返せないときのために抵当権もかけられてしまいます。すると、もしも個人で売却したいと思っても手続の発生や自由に売ることができないなど、制限もかかってしまいます。抵当権があるので、銀行や消費者金融と相談をしながらとなるので気をつけましょう。

条件や制限はあるのか

条件や制限不動産担保ローンを組むときには、不動産の価値があれば、必ず組めるとも限りません。
やはり返済がきちんとできるかが重要となってきます。そのため、年収や申告の内容、また他のローンの滞納状況などがチェックされます。
これらをチェックして返済が大丈夫そうであれば、お金が借りられるというわけです。

また、年齢についても銀行だと20歳~66歳未満、また最終の返済するときの年齢は76歳未満といった制限も課せられます。あと指定の生命保険会社の保険に入れることや保証会社の保証があることも制限として課せられます。

こうしてみると、メリットが多い反面、審査はやっぱり厳しいものと言えそうです。ただ、銀行に比べるとノンバンクだと緩やかとも言われています。
どちらもまずは相談をしてみて、比較してみることから始めましょう。

選択肢は多くなっている

建物やマンションや土地を持っていると、それだけでもお金を手にするのには大きな武器となります。
さらに銀行でも、数多くありますし、ノンバンクもあります。選択肢は多くなっています。

あるところではダメでも、ほかではオーケーのケースもよくあります。ぜひ不動産を持っていて、お金が必要なときには、不動産担保ローン【http://www.yukoo.co.jp/】に頼ってみましょう。

更新情報